スキンケアを知る

スキンケアとは主にメイクを落とす行為流れをスキンケアと言います。
クレンジング→洗顔→化粧水→乳液→クリームの順が一般的なスキンケアです。
クレンジングは化粧を落とす成分が含まれており、オイルクレンジングとリキッドクレンジングが代表的です。
それぞれ性質が異なっており、オイルクレンジングは洗浄力が高いので化粧は落ちやすいですが、その分肌に負担をかけてしまいます。
リキッドクレンジングはオイルクレンジングよりも洗浄力は落ちますが、肌への負担は少ないです。
どちらを使えばいいのか悩む人が多いですが、自分の化粧が濃いのか、薄いのかによって、クレンジングを使い分けることが大切です。
また、自分自身の肌が刺激に強いのか弱いかによってもクレンジングを選ぶ必要があります。
肌に合わないクレンジングももちろんあるので、自分はどのクレンジングが合うのかを調べる必要も出てきます。
続いて、洗顔です。
洗顔は顔を洗うことですが、主にクレンジングで取りこぼしたものや皮膚についた汚れを洗顔してキレイにすることです。
ここで気を付けたいのは、肌バリアを壊さないためにも、顔を洗いすぎないことです。
顔をよく洗えば汚れは落ちると考えますが、その分肌への負担が掛かってしまい、肌バリアも削れてしまいます。
そして、乾燥肌への原因となりますので、なるべく手のひらで泡立ててから、摩擦を控え、洗顔も素早く済ませることが重要になります。
続いて化粧水ですが、主に保湿を目的とします。
保湿は肌への水分を補給するために化粧水を使います。
美容成分やにきび対策などがされている化粧水が増えてきているので、それらを活用すれば、肌への美容効果も期待することができます。

またオイリー肌だからと言って、保湿をしなくてもよいわけではありませんので、化粧水はしっかり馴染ませてあげてください。
そして、乳液ですが、化粧水で保湿をしたものを逃さないようにするために、蓋をする役割を持っています。
乳液にも色々な成分が含まれているので、自分の肌にあった効果のある乳液を選ぶのが重要となります。
また、自分がどんな肌なのかを知るために、肌チェックをしてみるのも良い方法です。
特に気を付けなければいけないのが乾燥肌の人です。
敏感肌になる傾向がとても強く、治すのにも手間がかかってしまいます。
そうならないようにするためにも普段からスキンケアをどうしていくのかを考えていく必要があるのです。

 

クリーム