シワの原因

シワと聞くと、年を取ってからできるものだと思いがちですが、実際は紫外線や乾燥、加齢など様々な原因からシワはできます。
シワにもいくつかの種類があるので、順を追って説明をしたいと思います。
まず、小じわです。
小じわは乾燥肌になるとできやすいです。
主に目の周りに多くできます。
乾燥肌による原因でできてしまうので、保湿力が低下しています。
続いて表情ジワです。
表情ジワは表情によってできたシワが表情を戻してもシワとして残ってしまうシワのことです。
特に動きが激しく、皮膚も頑丈ではない、目元や眉毛や額などにできやすいです。
こちらも肌が乾燥することによって弾力性が失われ、表情を作った際にできるシワが元に戻らず、残ってしまうことが原因です。
最後に一般的なシワ、真皮シワです。
真皮シワは主に老化や紫外線などの影響により弾力性の低下、そして重力により、皮膚がたるんでしまい、シワとして残ってしまうことです。
生活習慣にも影響があり、姿勢が悪かったり、ジャンクフードを中心とした食生活などに慣れていたりするのもシワができやすい原因です。
シワの殆どが乾燥肌による原因なので、乾燥肌になりにくい肌質を作り上げることができればシワについては困ることが無くなりそうです。
まず、シワができない肌質を作り上げるために保湿を欠かさず行うことですj。
オイリー肌だから大丈夫だと思っている人も保湿をしっかりしましょう。

また、顔のマッサージも効果的です。
年を取ればとるほど笑ったり、泣いたりする回数は少なくなります。
顔の筋肉を鍛えることで肌が引き締まってツヤやハリが良くなります。
紫外線対策もしっかりしたいところです。
特に昼間は日差しが強いため影響が出やすいです。
日焼け止めクリームを使ったり、日よけグッズを利用して対策することは大切になります。
また思い切って外に出ないのも一つの手段です。
内面的な部分を変えることも効果的で、ダイエットなども期待ができるようになります。
特に食生活のバランスをよくすることでシワができにく体質を目指すことも大切になるでしょう。
最後に美容成分が含まれているスキンケア商品を多く使うことです。
今ではスキンケア商品に美容成分が含まれるようになり、自分の肌に合った成分を探すことで効果的なスキンケアを行うことが可能になりました。
自分自身で対策できることはこのくらいだと思いますが、改善の見込みや変化がないと思う方は迷わず皮膚科などに行くことをオススメします。

 

外国人女性2